幼児教育には時には休憩も必要

教育という言葉には少なからず重みがあり、プレッシャーを感じる方もおおいと思います。

 

特に最近では子供たちの倫理観の低下が問題視され、悲惨なニュースが流れるたびに、「もしこの事件を起こした子供たちがもっと人を思いやれる教育を受けていたら・・・」と、子供たちを責めるよりは、その子供たちを育てた親御さんや教育環境に対して疑問視する風潮も多くなっているように感じています。

確かにそれは当然といいますか、そう考えるのが正しい論理ですが、そういった流れもあるので、冒頭でも申したように教育という言葉にはより一層重みが増しているのです。

 

ただでさえ、家事と子育ての中で疲労色が濃くなっているところにそういったプレッシャーもあったら、親のほうが先に潰れてしまうかもしれませんし、そうなったらその親御さんの子供にも悪影響を及ぼすに違いないでしょう。

では、そんな子育てママさんはどうやって子育ての重圧や疲れからリフレッシュすればいいでしょうか?

今回は子育てママの負担を軽減しつつ、お子さんにも楽しんでもらえる「児童館」について考えてみようと思います。

 

まずは、私の知り合いの田中雅子さんが運営しているブログ記事からの文章を読んでみてください。

 

参考ブログ:Good Info Bringer田中雅子~ママたちの集いの場所 児童館って何?~

どうでしたか?児童館を利用すれば、子供も他の子供たちと遊ぶことによって良い刺激を受け、ママも他のママさんたちと交流を深めたり情報収集をすることができます。しかも児童館の利用料は無料だし、公園と違って天気を選ばず、子供が道路に飛び出してしまう心配もありません。

児童館ならほとんどの自治体にありますので、活用しない手はないと言えるでしょう。